[Internet Radio] MacでSHOUTcast + ices0.4。

前回SHOUTcast DNAS Application(sc_serv)とSHOUTcast Trans(sc_trans)を組み合わせて家庭内LANで送出試験をやってみた。

バイナリで配布してくれているし、設定も簡単なのですが、sc_transの働きがちょっと不満。SHOUTcast互換のストリーミングアプリIceCasticesという奴がsc_transの代わりに使えるという事なので、うちのMacにインストールしてみる。

  → Download|Icecast.org

公式ダウンロードページのIcecast Older Releaseセクション→Ices のリンク先からゲットできる。ices0系とices2系があって、2系だとmp3を扱えないので、0系を選択。

...ソースでの配布なので、自力でコンパイルせねばならん。

う〜ん、楽に導入できないものか。

おっと、Macportsでパッケージを配布しているではないか。
早速、Macports経由でインストールしてみましょう。
$ sudo port install ices0
で完了。
ices0本体の他に、音質に定評のあるMP3エンコーダ"lame"など、依存関係にある全てのファイルがインストールされます。便利。

/opt/local/bin の下に実行ファイルices0が、設定ファイルices.confは /opt/local/etc に置かれます。

インストールが完了したらices.confの設定を。ルート権限が無いと編集できないので
$ sudo vi /opt/local/etc/ices.conf
で適宜編集。

プレイリストを作ったら、sc_servとices0を起動。

はい、無事に何事もなくブロードキャスト成功。

ices0の方がCPUパワーを食わないような気がします。

ということで。


カテゴリ: