ジョークの解説はカエルの解剖に似ている。

ジョークの解説はカエルの解剖に似ている。
理解は深まるが、カエルは死んでしまう。

上手いこと言う。

「ジョークの面白さを説明されて理解したところで、もうそのジョークは面白くない」という格言ですね。「冗談に説明を求める」などという野暮なことをするもんじゃない…という意味にも取れますな。

この素敵な名言、いくつかのバリエーションがありますが、その出典が「マーク・トウェインの言葉である」という説と「E.B.ホワイトの言葉である」という説が入り乱れています。

  • マーク・トウェイン…アメリカの作家。『トム・ソーヤーの冒険』など。1835-1910。
  • E.B.ホワイト…アメリカの作家。『スチュアート・リトル』など。1899-1985。

両人とも、こういう事を言いそうなイメージなのだなぁ。さて、どちらの言葉なのか。こういうの、本当のところはどうなのか、とても気になるのです。

で、調べていると Quote Investigator という素晴らしいサイトに行き着いた。名言・格言の出典を調査しているサイトです。

このサイトの調査によると、初出はE.B.ホワイトの1941年の著作であるとのこと。

Humor can be dissected, as a frog can, but the thing dies in the process and the innards are discouraging to any but the purely scientific mind.
---
ユーモアはカエルのように解剖できるが、その過程で死んでしまう。純粋な科学的思考の持ち主以外は、その内容に落胆してしまう。

加えて、この言葉がマーク・トウェインのものであるとの証拠は見つからなかった、ということです。

というわけで、すっきり。

カテゴリ: