Mac OS XにApache2とphp5をインストール。

Mac OS Xには最初からApacheが入っていて、「システム環境設定 → 共有 → パーソナルWeb共有」オンで簡単に起動できます。
しかし、うちのちょっと古いMacではApacheのバージョンが1.3、併せて使いたいphpのバージョンが4.4.9となっている。これを簡単にアップデートできれば良いのですが、どうも簡単には行かないようで。

そこで、MacPortsという便利なヤツを使って、apache2php5を新たにインストールしてみた。きっとすぐにやり方を忘れてしまうので、覚えているうちにメモメモ。

まずはMacPortsをインストール。
ダウンロードURLはコチラ → http://svn.macosforge.org/repository/macports/downloads/

ダウンロードしたら、ディスクイメージの中のインストーラを起動してインストール。

おっと、その前に。
MacPortsの動作にはXcode Toolが必須。OSのインストールディスクから入れておく。最新版はAppleのデベロッパページから入手できます。コチラの記事を参照してください。

Apple Store

さてさて次は、楽しい楽しいUNIXコマンドライン。

まずはパスを通す。
「ターミナル」を開いて、自分のホームフォルダ直下の .bash_profileviか何かで編集。無ければ作成。以下の2行を書き込んで保存。

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

★viの使い方は → viコマンドリファレンスなどで。

で、MacPorts自身のアップデート。

> sudo port selfupdate
> sudo port  sync

apache2のインストール。

> sudo port install apache2

結構時間がかかる。
インストールが終了すると、英語で「あれしてね。これしてね。」というメッセージが表示されるので、何も考えずにそのメッセージに従ってみた。

続いて php5 のインストール。

> sudo port install php5

これも時間が掛かった。同じくインストール終了後のメッセージに従ってみる。

設定ファイルのコピー。

> cd /opt/local/apache2/conf/
> sudo cp httpd.conf.sample httpd.conf

とりあえずapache2を起動してみる。

> sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl start

ブラウザを起動して、http://localhost/ にアクセス。「It works!」と表示されたら、ひとまずapache2のインストールは成功。いったんapache2をストップ。

> sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl stop

php5のモジュールが使用できるように設定を変更。
httpd.confをviなどのエディタで開く。
> sudo vi /opt/local/apache2/conf/httpd.conf
次の2行を追加。
LoadModule php5_module modules/libphp5.so
Include conf/extra/mod_php.conf

ついでに、ユーザーフォルダ( http://localhost/~ユーザ名/)が有効になるように設定。

Include conf/extra/httpd-userdir.conf

/opt/local/apache2/conf/extras-conf/mod_php.confを編集。

> sudo vi /opt/local/apache2/conf/extras-conf/mod_php.conf
<IfModule mod_php5.c>
AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps
</IfModule>

apache2を再起動。

> sudo /opt/local/apache2/bin/apachectl start

ブラウザで http://localhost/~ユーザ名/ にアクセスすると、ユーザの「サイト」フォルダのトップが表示される筈。
php5の動作確認は、「サイト」フォルダのトップに、例えば「info.php」という名前で以下のような内容のファイルを保存してみる。

<?php phpinfo() ?>

ブラウザで http://localhost/~ユーザ名/info.php にアクセス。phpの情報が正しく表示されたら、インストールは成功している。

あとは適宜、使い易いように httpd.conf をカスタマイズ。

これで大丈夫な筈。うちでは無事に動作している。

しかし、何しろ書いているそばからやった事柄を忘れ始めているので、間違いや抜けがあるかも知れぬ。

★参考URL

  

カテゴリ: