【10月13日 全試合終了】

2018シーズンの小松式ドネーション(KD)ランキングです。試合のあった日はできるだけ更新予定。

昨シーズンまで "ヌルデータ置き場" さんが連日更新されていたのですが、残念ながらサイトが閉鎖されてしまったということで、ならば自分で計算してみようかな、という次第です。(→ 関連ブログ記事

ところで、MLB 版もいかがですか?

KDランキング:総合

  
1菅野 智之
2大瀬良 大地
3多和田 真三郎
4石山 泰稚
5近藤 一樹
6増井 浩俊
7則本 昂大
8ガルシア
9森 唯斗
10メッセンジャー
10菊池 雄星
12ブキャナン
13中﨑 翔太
14上沢 直之
15山﨑 康晃
16西 勇輝
16岸 孝之
18マルティネス
19石川 柊太
19山口 俊
19東 克樹
22千賀 滉大
23加治屋 蓮
24パットン
24山岡 泰輔
26宮西 尚生
27ジョンソン
28桑原 謙太朗
29内 竜也
30ドリス
31山本 由伸
32石川 直也
33涌井 秀章
34バンデンハーク
35トンキン
36榎田 大樹
37岡田 明丈
38石川 歩
39ボルシンガー
40岩貞 祐太
41ハーマン
42小野 泰己
43青山 浩二
44藤川 球児
45有原 航平
46九里 亜蓮
47アルバース
48三上 朋也
48野村 祐輔
50ジャクソン
 KDGIPWLHldSv
(G #19)75628202.015800
(C #14)69627182.015700
(L #18)67826172.216500
(S #12)6717173.232735
(S #70)6707476.274352
(Bs #17)6556365.025935
(E #14)64127180.1101100
(D #70)63627168.213900
(H #38)6346661.124637
(T #54)63128173.211700
(L #16)63123163.214400
(S #28)62328174.1101100
(C #21)6196866.142632
(F #15)60625165.111600
(DB #19)5895756.124337
(Bs #21)58725162.1101300
(E #11)58723159.011400
(F #27)58525161.2101100
(H #29)57242127.113660
(G #42)57230154.09911
(DB #11)57224154.011500
(H #41)55322141.013700
(H #14)5507266.243310
(DB #53)5485856.051330
(Bs #13)54830146.071240
(F #25)5455545.043370
(C #42)54424144.211500
(T #64)5416257.053320
(M #21)5365858.235726
(T #98)5315553.217432
(Bs #43)5295453.042321
(F #51)5265248.2121819
(M #16)52222150.27900
(H #44)51423138.010700
(F #19)5135351.0442012
(L #30)50823132.211400
(C #17)50426138.08710
(M #12)49021133.19800
(M #86)48320117.213200
(T #17)46623132.071000
(E #42)4564745.1231218
(T #28)44923126.17700
(E #41)4465248.241260
(T #22)4435354.153212
(F #16)44220110.28512
(C #12)44124120.18400
(Bs #27)43219114.09200
(DB #35)4286556.011250
(C #19)42820119.17600
(C #58)4274845.232251
※ 略表記
  • KD:小松式ドネーション
  • G :登板試合数
  • IP:投球回
  • W :勝利
  • L :敗戦
  • Hld:ホールド
  • Sv:セーブ

小松式ドネーションとは:

小松式ドネーション(KD)とは、プロ野球における投手の「貢献度」を表す指標で、以下の式により計算されます。

KD = (投球回 x 3) + (勝利 + ホールド + セーブ) x 10

2011年に、オリックスバファローズ(当時)の小松聖投手が社会貢献活動として始めた『ONE アウト ドネーション』。

この活動における、寄付金額を算出する数式が上記のもの(実際の寄付金額は x 1,000円)だったわけですが、これが、

「先発」「中継ぎ」「抑え」といった投手の役割分担の垣根を越えて、その投手のチーム貢献度や印象度を表す指標としてとても優秀。

…という評価を(ネットの一部で)得て、今に至る、というわけです。