DMMモバイルに乗り換えてみる。 設定編。

そういうわけで、DMMモバイルデータ通信SIMが手元に届いたよ。

dmm01.png

早速、モバイルルーター・MR03LNに挿して設定してみましょ。

MR03LNは、DMMモバイル公式ページの動作確認端末一覧には記載されていません。後述するように、MR03LNを利用してのLTE高速データ通信は全く問題なく行えますが、この記事はそれを完全保証するわけではありませんので、いちおう自己責任ということでよろしくお願いします。
【2015.07 追記】MR03LNDMM mobile で公式にSIMとセット販売がスタートしています。

さて、手順はこんな感じ。

  1. MR03LNの電源を落とす。
  2. 裏蓋を開けて、バッテリ、今まで刺さっていたSIMを取り出す。
  3. DMMモバイルのSIMを挿入。
  4. 裏蓋を閉じて電源を入れる。

神ルーター・MR03LNの唯一最大の欠点とも言うべき「裏ブタが超絶に取り外しにくい」という部分をクリアできれば、何も難しいことはありません。

電源投入後、液晶ディスプレイ下部に「APN設定を確認してください」というメッセージが表示されるので、設定します。設定はMR03LNのオンラインマニュアルどおりに行えば大丈夫。APN接続情報は、DMMモバイルのSIMに同封されていた『はじめてご利用ガイド』に記載されています。

難なく作業完了。無事にdocomoのLTE網に接続されました。

dmm03.png

さて、データ通信速度の高速/低速切り替えは、DMM mobile - マイページにログインして行います。

dmm02.png

専用アプリを用意してもらえるといいなぁ…と思うけれど、まぁそんなに不便ではありません。

iOS用の専用アプリは以下から。通信速度の切り替えやデータ容量のチャージができます。

で、DMM mobileの売りのひとつでもある『低速通信時のバースト機能』。説明を公式ページから引用してみると…、

通常、高速データ通信を超過した場合やOFFに設定している場合には、200kbpsの速度制限がかかりますが、 DMM mobileでは低速状態でもはじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行う「バースト機能」があるので、 快適にインターネットを閲覧することができます。

…という機能です。

試しにデータ通信速度を低速に切り替えて Googleマップ を読み込んでみた。確かに開いた直後の読み込みが速い…ような気がします。バースト機能の恩恵に預かれているんじゃないかな、どうかな、気のせいかな…。

無難に使えそうなので、今までお世話になった OCNモバイルONE を解約する運びとなりそうです。

カテゴリ: