蜜柑。

酸っぱい
蜜柑
たべたい

ああ
たべたいね
というわけで、そろそろミカンの値段もこなれてくる季節にも拘らず、ワタクシにとってのミカンの旬は早くも過ぎ去ろうとしています。

あの甘い蜜柑がダメなの。完全にダメ。なにあの甘さ。年を追うごとに甘い蜜柑の比率が高まっているでしょ。あれは何なの? みんな甘いほうが好みなの? 人気なの? …なら、仕方無いけどさぁ。

「甘いミカン」っていうのは、そういう品種なの? それとも季節によって、早めに収穫すると酸っぱくて、遅くできる奴が甘くなる…という、そういうからくりなのだろうか。どちらにしても、もうそろそろ青くて酸っぱいミカンは手に入らなくなってしまう。

これからの季節、ひとの家にお呼ばれしたときに、テーブルの上に山盛りの黄色いミカンがあったりすると非常に困るのです。本気でムリだから。ひと房だけ我慢して食べて、あとは残す…というのも悪いしね。

だいたい近頃は、キウイのゼスプリ関係だとか、イチゴのあまおうだとか、宮崎の高級マンゴーだとか、そんなにみなさん甘さに飢えているのかと思わずにはいられないくらいの過剰な甘みがもてはやされているけれど、フルーツはあの酸っぱさが良いんじゃないのかなぁ。

どこかに、頑なに酸っぱいミカンを作り続けている農家さんはいらっしゃらないものか。

酸っぱい蜜柑がたべたいな。

カテゴリ: