福岡市内の競馬場。解決篇。

 というわけで、前回のかつて福岡市内に競馬場があったんだ。でも詳細が判らない…の続き。昭和初期の地図を見ると、福岡市南区の高宮辺りに競馬場があったようなのですが…という話です。

 困ったときには図書館へ。郷土資料のコーナーで『南区 ふるさと』という本を見つけました。編者は福岡市南区民俗文化財保存会、発行は平成4年。目次を眺めてみると、ズバリ「高宮の競馬場」というページがあります。ビンゴです。ちょっと引用してみると…
 今の高宮駅から日赤病院にかけての付近に草競馬場があったのは殆どの人がご存じないと思うが高宮競馬場は大正時代の末期ごろにあった。
 …ということだそうだ。以下、箇条書きで内容を記すと、
  • 大正の初めごろまで、那珂川井尻橋付近の河原で、時おり草競馬が行われていた。
  • 大正八〜九年頃、高宮の地主たちが農地を提供し、競馬場を開設
  • 春と秋に2〜3日ずつ競馬が開催されていたようだ。なかなかの盛況ぶり。
  • 昭和三年から区画整理が実施されたため、僅か6〜7年で閉鎖。
  • 閉鎖後すぐに、春日原に競馬場ができた。
うん、大正末期から昭和初期にかけて、確かに高宮地区に競馬場が存在したのですね。「那珂川井尻橋付近の河原」にも競馬場があったという新情報も。現在の香蘭女子短大付近でしょうか。

 さて、他の文献にもあたってみましょう。春日市の郷土史家・赤司岩雄の著作『春日原地区歴史散歩』という小冊子にも、福岡市近郊にかつて存在した競馬場の記述がちらっと出てきます。獣医をしていた高田亀治郎という人が明治22年から昭和23年にかけて記していた日記に、以下のような事がらが書かれているそうだ。
  • 明治二十〜三十年代:井尻河原、老司、別所、東公園などで競馬が開催されていた
  • 明治三十一年〜三十三年:雑餉隈で競馬が開催
  • 大正に入ると:箱崎、西新町、新柳町、井尻川原、糸島郡前原、朝倉郡篠隈、三井郡北野などで開催
  • 大正六〜十二:平和台の福岡練兵場でも開催
  • 昭和五〜七:春日の小倉(=福岡競馬場)
  • 昭和七〜十五:春日原競馬場
ここに書かれている「新柳町」の競馬場というのが、おそらく高宮競馬場のことでしょう。実際の「新柳町」というのは現在の清川辺りですが、高宮の競馬場、北九州鉄道の「新柳町駅」から程近い場所にありますからね。

 まとめると、
  • 福岡市とその近郊では、明治時代から各地で(草)競馬が行われていた。
  • 大正の半ばごろ、高宮辺りに競馬場開設。盛況であった。
  • 高宮競馬場は、区画整理の煽りで昭和三年ごろ閉鎖。
  • 昭和五年に春日・小倉に福岡競馬場開設。
  • 昭和七年に福岡競馬場を春日原に移設。
  • 昭和十五年に春日原競馬場が閉鎖。
ということで。

カテゴリ: