『enka bossa -演歌ボッサ-』聴いた。良い。

ものすごく気になっていた『enka bossa -演歌ボッサ-』(→ 収録曲などはこちらの記事)、もう我慢できずに買っちまった。


 enka bossa -演歌ボッサ- / V.A.:2009.12.16

  → この商品の通販価格を比較

  → 試聴あり|iTunes Store盤は曲が3曲少ないです。

良いです。演歌とボサノバ、こてこての"和"とオシャレな"洋"がまさかのナイス・マッチング。おかきにチーズを乗せてみたら意外と美味かったとか、パンに小倉あんを詰めてみたら大絶賛とか、そんな感じ。これは珍盤ではなく名盤なのかもしれぬ。

アレンジ・演奏もボーカルも、本格的な(というより本物の)Bossa Novaの雰囲気。「ネタとして一回聴いて終わり」ではなく、何度でも聴けるのですよ。買うかどうか迷っているのならば、ワタクシが背中を押します。間違いなく"買い"です。

で、このアルバムで何曲かボーカルとしてクレジットされているKanoko Hara(原かのこ)さんのアルバムはこちら。



 deep blue / 原かのこ:2008

  → この商品の通販価格を検索

  → 試聴あり

トラディショナルなBossa Novaサウンド(ウチでは「どBossa」と呼んでいますが)を聴かせてくれます。落ち着いたヴォイスが良いですな。『雪の歌』はちょうど今の時期にぴったり。


カテゴリ: