MacPortsのコマンドオプション。

すぐ忘れてしまうのでメモメモ。
MacPortsのインストールはコチラ
基本的に、ターミナルのコマンドラインで、こう↓使う。
>port command [ option ] [ 指定したパッケージ名

search:指定したパッケージの検索

sync:最新のパッケージリストに更新

installed:インストールされているパッケージをリスト

outdated:インストールされている物のうち、アップデートが必要な物をリスト

list:最新バージョンの一覧
> port list
    <-- 全てのリストを表示
> port list zope*
    <-- 名前が zopeで始まるパッケージのリストを表示
contents:指定したパッケージがインストールしたファイルのリストを表示

Mac Store

selfupdate:自身を、利用可能な最新のインフラにアップデート

clean:インストールに利用された作業ファイルの削除。
 --work:作業ファイルのみ削除
 --dist:配布ファイル(tarソースなど)を削除
 --archive:現バージョンのアーカイブファイルを削除
 --all:全てを削除

variants:パッケージのインストール時に指定可能な変数を表示

deps:指定したパッケージが依存する(ビルド・実行に必須な)ファイルのリストを表示

Apple Storeのお得な整備済製品

install:指定したパッケージをインストール

uninstall:指定したパッケージをアンインストール
 -u を付けると、inactiveなパッケージ全てをアンインストール

activate:指定したインストール済みのパッケージをアクティブに

deactivate:指定したアクティプなパッケージをinactiveに

upgrade:インストール済みのパッケージをアップグレード
> port upgrade installed
    <--全てのインストール済みパッケージをアップグレード
> port upgrade -R hogehoge
    <-- hogehogeと、それに依存するファイルをアップグレード
> port upgrade -n hogehoge
    <-- 依存ファイルは無視してhogehogeのみアップグレード

インストールなど、ファイルの変更を伴う操作は管理者権限が必要。つまり
>sudo port なにがし
でパスワード入力。

まだあるけれど、普段使うのはこれくらいですか。詳しい説明は
> man port
で表示される。

カテゴリ: