Coldplayの盗作問題をちょっとだけ考える。

Coldplayの『Viva La Vida』の盗作問題が遂に訴訟に発展です。

最初にこの曲に「俺の曲パクっただろ」と噛み付いたのはcreaky boardsというNYのインディーバンド。今年の6月くらいの事でした。パクられ元の曲は『The Songs I Didn't Write』。意味深なタイトルですなぁ。彼らのMySpaceやYouTubeで聴く事ができます。

The Songs I Didn't Write / creaky boards @YouTube


似ているか似ていないか、と訊かれれば確かに似ている。悲しいかな、Coldplayの方が完成度が遥かに上である。

で12月になってColdplayを訴えたのは、大御所ギタリストのジョー・サトリアーニ

If I Could Fly / Joe Satriani @YouTube


サビのメロディがいっしょ。これは...。

サトリアーニ先生の主張はコチラ。
musicradar.comのインタビュー記事:英語。
BARKSニュースの記事

要約すると、
"Coldplay didn't want to talk about it. They just wanted this whole thing to go away."
 - Coldplayはこの件について話したがらない。この事が忘れ去られるのを待ってるんだ。
"I'm just doing what I need to do as an artist, to protect what's mine, to protect those feelings I put down in song."
- (訴訟について)僕はアーティストとしてすべき事をしているだけだ。自分の作品を、そしてこの作品に込めた自分の感情を守るためにね。
対してColdplay側は公式サイトで声明を出しています。
If there are any similarities between our two pieces of music, they are entirely coincidental, and just as surprising to us as to him. Joe Satriani is a great musician, but he did not write or have any influence on the song Viva La Vida.
 - この2曲(『Viva La Vida』と『If I Could Fly』)の間に類似性があるとすれば、それは全くの偶然であり、私たちも彼同様、驚いています。ジョー・サトリアーニは偉大なミュージシャンですが、彼は『Viva La Vida』を製作してはいませんし、この曲にこれっぽっちの影響も与えていません。
しらばっくれるつもりですね。 まだクロと決まったわけではないけれど、ファンに与える印象は悪いわなぁ。法廷でどんな決着がつくのやら。

盗作を容認しろという訳ではないのですが、パクられた側の模範コメントをひとつ。
2006年にファンの間で「レッチリのDani Californiaがトム・ペティのMary Jane's Last Danceをパクってる」と論争になっていた時のパクられ側、トム・ペティのイカしたコメント。
And a lot of rock & roll songs sound alike. (中略) It doesn't bother me ... If someone took my song note for note and stole it maliciously, then maybe. But I don't believe in lawsuits much. I think there are enough frivolous lawsuits in this country without people fighting over pop songs.
 - ロックの曲なんて、どれも似たり寄ったりだろ。(中略)別に構わないよ ... もし誰かが俺の曲の1音1音を悪意たっぷりにコピーしたら別だけど。でも俺は裁判なんて信じちゃいないんだ。ポップソングを巡って争ったりしなくても、この国では下らない裁判は山ほどやってるじゃないか
なんかロックな感じがとってもステキ。
この言葉はRolling Stone誌のインタビューでの発言ね。

ちなみに → Mary Jane's Last Dance / Tom Petty & The Heartbreakers @YouTube

そして → Dani California / Red Hot Chilli Peppers @YouTube

ついでにパクリ側のイカしたコメント。
よくいるでしょ。この曲のここはツェッペリンだな、とかいう人。それをまるですごいことでも発見したようにいう人、いるじゃない(笑)。僕らはそういう次元ではやってないんだよね。あくまでも楽しんでやっていることだから。
ええと、B'zの松本さんです。雑誌『GB』の94年5月号から。

Coldplayも、ガン無視したりしらばっくれたりしないで「僕らはそういう次元ではやってませんので」って開き直ればいいんじゃないのかなぁ(笑)。印象はもっと悪くなるけどな。


カテゴリ: