ニッポン人、Bossa Novaに出会う。 - 黎明期編 -

ということで、日本に於けるボサノバの歴史。

ボサノバの母国・ブラジルでは、1958年に初のボサノバ・アルバム『Chega de Saudade』(エリゼッチ・カルドーゾ)が発表され、ジョアン・ジルベルトが表立った活動を開始。一気に当地の中産階級の若者の心を掴むことになりました。

この新しい音楽が世界的に広がるひとつのきっかけになったのが、1959年の映画『黒いオルフェ』。アントニオ・カルロス・ジョビンが手がけたサウンドトラックがボサノバの古典の雰囲気を伝えます。



 『黒いオルフェ』 / オリジナルサウンドトラック

   → Amazon.co.jp
  → その他のショップを検索


これと平行して、アメリカのジャズ・ミュージシャンたちがボサノバを合衆国に持ち帰り始めます。
1962年になると、スタン・ゲッツ / チャーリー・バードの大ヒットアルバム『Jazz Samba』、そしてゲッツゲーリー・マクファーランドの『Big Band Bossa Nova』が登場。ジョビン作の名曲『Desafinado』や『Chega de Saudade』、『Samba De Uma Nota So』などが大きくフィーチャーされました。

アメリカのジャズメンによるボサノバへのアプローチは「ちょっと違うよなぁ」とという感想を抱いたりもするのですが、とにかくアメリカ音楽界に「Bossa Novaというなんだか新しい音楽がある」という認識が急速に広まったようです。

で、日本。
早くもこの1962年、タイトルに「ボサノバ」という言葉を冠した曲が発売になっています。

梓みちよの『ボサノバでキッス』。

彼女は「ボサノバ娘」というキャッチフレーズと共にこの曲でデビュー。多分、これが日本で最初に「ボサノバ」という言葉が入った曲ではないでしょうか。これは当時よくあったアメリカン・ポップスのカバーで、元曲はポール・アンカの『Eso Beso(That Kiss!)』。聴いてみると分かるのですが、全然ボサノバじゃねぇ(笑)。

Eso Beso (That Kiss!) / Paul Anka - 1962 (試聴あり)

同じ年、我らが小林旭もこんな曲を出しています。映画『歌う暴れん坊』(タイトル、キてますねぇ)の挿入歌だそうだ。

アキラでボサ・ノバ / 小林旭 - 1962 (試聴あり)

あぁ、全然ボサノバじゃない。どちらかというと『マツケンサンバ』のノリ。1962年当時の、日本での「ボサノバ」の認識度はこんなものだったんでしょう。「ラテンの新しいリズム」程度の認識。アキラさんに罪はないのだ、多分。

日本の音楽界、新しいものを取り込むスピードは凄いよなぁ。たとえそれが勘違いだったとしても。

さてアメリカではどうなったのか。

同じく1962年の11月、ニューヨークのカーネギーホールで、伝説の『ボサノバ・アット・カーネギーホール』が開かれます。ジョアン、ジョビン、セルジオ・メンデス、カルロス・リラ等々、当代きってのブラジル人ミュージシャンが集まったこのコンサートは大成功。これから後、アメリカでは主に「ボサノバはジャズのいちジャンル」という感じで、当のブラジルのミュージシャンたちをも巻き込んでブームを巻き起こします。例えばコレ↓。



The Composer of Desafinado, Plays(イパネマの娘)
       / アントニオ・カルロス・ジョビン - 1963

  → 輸入盤/国内盤の通販価格を表示
  → (試聴あり)


ポップ・ミュージックのフィールドでは、「Bossa Nova」という言葉がタイトルに入ったこんな曲たちがヒット。

★恋はボサノヴァ(Blame It on the Bossa Nova) / イーディ・ゴーメ - 1963
Bossa Nova Baby / エルヴィス・プレスリー - 1963 (試聴あり)

どちらも「Bossa Nova」という音楽をやっているようには聴こえません。

そして1964年、満を持してアルバム『Getz / Gilberto』発売。ここからシングルカットされた、アストラッド・ジルベルトが英語で歌う『イパネマの娘』が大ヒット。



Getz / Gilberto
    / スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト - 1964

  → 輸入盤/国内盤の通販価格を表示
  → (試聴あり)


おいしい水(The Astrud Gilberto Album)
       / アストラッド・ジルベルト - 1965

  → 輸入盤/国内盤の通販価格を表示
  → (試聴あり)


アストラッドのアルバム『おいしい水』は、その後のボサノバ女性ボーカルの方向性を決定づけた、本当に罪なアルバムです。ヘタウマなけだるい感じ。そしてダバダバ...というコーラス。全ての始まりは、このアルバム。

さてさて、この頃、ボサノバを日本に本格的に持ち込んだひとりのミュージシャンがいました。
「世界のナベサダ」渡辺貞夫、その人であります。

やっと本題に来たところで、お時間となってしまいました...。

続きは、コチラ>>。


カテゴリ: