ニッポン人、Bossa Novaに出会う。 - ニューミュージック編 -

[ << 来襲編 はコチラ ]

さてさて1970年代に入ってしばらく経つと、日本では「ニューミュージック」と呼ばれる音楽ジャンルが大きなムーブメントを巻き起こします。この「ニューミュージック」という、なんだか曖昧な括りの、言ってしまえば何でもアリなジャンルの中で、ボサノバアレンジの名曲が幾つも誕生したのです。

まずは1975年の年末に発売されて、ユーミンの人気を不動のものにしたこの曲。

★あの日にかえりたい / 荒井由実 -1975

アルバム『YUMING BRAND』に収録。のちに、2001年発売のベストアルバム『sweet, bitter sweet』初回版ボーナストラックに、小野リサとの競演バージョン(素敵なアコースティック・ボッサです)が収録されました。
ユーミンの都会的な雰囲気と抑揚の無いボーカルは、まさにボサノバ向き。もうちょっと声に暖かみがあれば。

そして1976年、丸山圭子の『どうぞこのまま』が大ヒット。翌年には尾崎亜美『マイ・ピュア・レディ』。

★どうぞこのまま / 丸山圭子 - 1976
マイ・ピュア・レディー - 尾崎亜美 -1977 (試聴あり)

その次の年、1978年にはコーラスグループ、サーカスの『Mr.サマータイム』がヒットしましたなぁ。この『Mr.サマータイム』、原曲はフランス産だそうで。『UNE BELLE HISTOIRE』というシャンソン。

Mr.サマータイム - サーカス - 1978 (試聴あり)

同じ年に八神純子がデビュー。彼女のボサノバ・テイストの曲としては、ヒット曲『思い出は美しすぎて』が有名ですが、ヤマハのポプコンで披露してデビューのきっかけとなった『雨の日のひとりごと』も良い。



 『思い出は美しすぎて』 / 八神純子 - 1978

  → Amazon.co.jp
  → (試聴あり)

1979年、門あさ美がデビュー。デビューアルバムの『Fascination』は夏にぴったりの名盤。タイトルチューン『ファッシネイション』はボサノバっぽいリズムの佳曲です。



 『Fascination』 / 門あさ美 - 1979

  →Amazon.co.jp
  → (試聴あり)

1980年の五十嵐浩晃のデビュー曲『愛は風まかせ』もいい。そして後に彼は、大ヒット曲『ペガサスの朝』をボサノバアレンジで録音しています。アルバム『White & Blue』に収録。これもまた良い。

★愛は風まかせ / 五十嵐浩晃 - 1980
ペガサスの朝(New Version) - 五十嵐浩晃 - 1991 (試聴あり)

1982年には、桑田佳祐が作ったこの曲が大ヒット。

恋人も濡れる街角 - 中村雅俊 - 1982 (試聴あり)

何故か「雨」を織り込んだ曲が多いです。
Bossa Novaの特徴といえば、生誕地ブラジルでの勃興の経緯や初期の形態からして「都会的」「おしゃれ」「郷愁」「切なさ」、そして「柔らかいボーカル」「アコースティックギター」「ピアノ、オーケストラで味付け」というのが基本だと思うのですが、日本では「都会的」で「おしゃれ」という部分が少しばかり先鋭化。

さてさて、過去のヒット曲をボサノバ・アレンジでセルフカバー、というパターンの名演をふたつばかり。

スローモーション - 中森明菜 - 1995

作曲者の来生たかおの作風はBossa Novaと親和性が高いのではなかろうか。でもボサ・アレンジの曲は殆ど無いのだ
なぁ。『true album akina 95 best』(1995)や『BEST FINGER 25th anniversary selection』(2006)に収録。
そして、

時をかける少女(アコースティック・バージョン) - 原田知世 - 2007

アルバム『music & me』に収録。ユーミン楽曲。
絶妙な不安定さを持ったボーカル、そして彼女が醸し出す都会的でクールな雰囲気、それでいて何だか暖かい。ボサノバにうってつけの要素を持った原田知世。良い。もっとBossa Nova歌ってほしい。

ということで、日本に於けるBossa Nova歌謡曲 / J-POPの歴史でした。
紹介した楽曲をまとめて試聴してみたい人は↓のiMixでどうぞ。iTunesが必要です。

★iMix - Bossa歌謡 / J-POPセレクション icon

並べて聴いてみると、加山雄三楽曲のボサノバとしての完成度は異常。
凄いぞ、若大将!


カテゴリ: